WEBデザイナーになるには?

Webデザイナーになりたい!!!と思っても何から始めて良いのかよくわかりませんよね。

今回はどうやってなっていけば良いのかを一から解説します。

Webデザイナーとは?

Webデザイナーとは、Webサイトの見栄えのデザインをする仕事です。

HTMLやCSSを使いコーディングをするのが「コーダー」という仕事です。

しかしながら基本的にWebデザイナーとはデザインもコーディングもできなくてはなりません。

また、似た職種として「Webディレクター」もありますが、こちらはWebサイトの企画や発案、進行管理(ディレクション)を行う仕事になります。

Webデザイナーのキャリアアップ先にWEBディレクターもありますが、Webディレクターは必ずしもWebデザイナーを経験していなくともなれます。

Webディレクターに関してはまた別の記事に詳しく書きますが、Webデザイナーを目指している方にWebディレクターとごっちゃになっている方がいます。

自分が本当にデザイン・コーディング業務がしたいのか、それともWEBサイトの企画をしたいのかを明確にしておいた方が良いと思います。

ちなみに私が以前勤めていた会社ではデザインもディレクションも行っている方がいました。完全にキャパオーバーなかんじでしたが><

なんでも出来るに越したことはありませんが、すべて中途半端では意味がありません。

Webデザイナーが使用するツール

  • photoshop
  • Illustrator
  • テキストエディター(HTMLやCSS)を打つときに使うもの

最近ではDreamweaverは必須ではなくなりました。好きなエディターを使いましょう。

まずは、独学でもスクールでも最低限のツールを使う技術を身につけましょう。

もし無職の場合は早くて1ヶ月、在職中で合間合間で勉強していく場合は3ヶ月と考えた方が良いでしょう。

長く勉強するよりもある程度身につけたら現場で働いた方が早く習得できます。

関連記事:WEBデザイナーになるために必要なもの・初期費用

WEBデザイナーの仕事の流れ

企画 → サイト情報設計→ サイト構成 →デザイン → コーディング→ 検証→ 納品

ざっくりとこんなかんじでしょうか。

企画の段階から会議に立ち会うこともありましたし、サイト構成が決まってから、ディレクターと2人で打ち合わせということもありました。

1番手こずるのは言わずもがなデザインの段階です。

ラフを頂き、それにそって制作していきます。

自分で一からデザインということはほぼありません。

ディレクターとラフを元にイメージを擦り合わせ、デザインに取りかかります。

逆を言ってしまうと自分の好きなようにデザインすることはできません。

ユーザーの利便性を考え、何のために作るサイトなのかを考え、1番効果の高いサイトにするためにデザインをします。

WEBデザイナーに適した人とは?

1人で黙々と仕事をすることが得意

WEBデザイナーとして仕事をしていると、WEBディレクターや営業の方と話をすることはもちろんありますが、基本的に1人で黙々と仕事をしている時間の方が多いです。

1日、挨拶以外誰とも会話をしなかった…!なんて日もありました。

それが寂しいと思っているとこの仕事きついかもしれません。

もちろん、話をしたければ、自分から積極的に話しかけてもいいかもしれませんが、仕事中は基本的に1人の作業です。

一般的なコミュニケーション能力がある

求人を見ているとどんな職業であれ、コミュニケーション能力を求めてきます。

Webデザイナーとして勤めるのであれば、営業さんのようなコミュニケーション能力はいりません。

学校でクラスメイトと普通に会話ができる程度であれば問題ないかと思います。

新しい技術を身につけ続けることができる

会社に勤めたら、誰かが教えてくれるだろうと思ったらそんなことはありません。

基本的に「勉強しといてね〜」「ぐぐってね〜」で終わりです。

特にぐぐって答えの出るようなことは決して人に聞いてはいけません。

余談ですが、以前勤めていた会社で「名古屋って何県ですか?」って聞かれたことがありました。その方は程なくして退職していきましたが。。。

ぐぐる能力は社会人になる前に身につけておくべきです。

様々なことにアンテナをはっている

Pinterestってご存知ですか?Tumblrってご存知ですか?マストドンは?知っていて当然な言葉ですよ。結構前から流行っていますよね。

まわりの友人達にはミーハー扱いされますが、Webやデザインに関してだけでなく、ご自分の業界やクライアントの業界のトレンドも常に情報収集していなければいけません。それが、仕事にいきてきます。

向上心がある

どんな職業に対しても言えることです。

会社で求められていないスキルに対しても身につけていかなくてはいけません。

向上心がないと、自分だけ時代遅れで取り残されてしまいます。

取り残されてからでは遅いです。

まずは技術を身につけましょう

独学でもスクールでもどちらでも構わないので、技術を身につけましょう!

ツールを使える技術はもちろんですが、デザインの技術も身につけましょう。

スクール出たての方に多いのですが、「photoshop使えます!」「Illustrator使えます!」とツールが使えると言う主張はされるのですが、実際に重要なのは、どんなデザインができるか?です。

それを理解せずにいる方が多いように思えます。

関連記事:Webデザイナーに求められるスキルとは

ポートフォリオサイトを作ろう

仮想サイト、ポートフォリオサイト、紙のポートフォリオを作りましょう。

面接の際に必要になる大切なものです。

自分の実力を最大限に生かし、アピールしましょう。

関連記事:未経験のポートフォリオサイトの作り方

転職エージェントや派遣会社に登録しよう

転職エージェントや派遣会社に登録していきましょう。

ポートフォリオサイト制作途中からでも登録してしまって良いです。

もちろん、会社によってはポートフォリオ持ってきてください。と言われますが、

後から送ります等でも構いません。

ただし、実際に紹介していただけるのはポートフォリオサイトを送った後なので頑張りましょうね。

面接

私の場合は派遣だったというのもあり、今まで面接(お顔合わせ)で落ちたことがありませんでした。

それだけ今はWebデザイナーの需要があるということだと思います。

未経験だから無理かも(⌒-⌒; )と思っても、未経験である程度の技術のある方はコストも抑えられて、重宝されますよ。

きっと、選り好みしない限り、数社受けたら無事決まると思います。

私の場合はWebデザインスクールに通い始めてから約3か月で就職先が決まりました。

今思うと就職したての頃は本当にまともな技術もなかったのですが・・・。

未経験OKなところだったこともあり、自分にちょうど良い就職先に出会えてスキルアップさせてもらえました。

関連記事

WEBデザイナーになるために必要なもの・初期費用

NO IMAGE

ポートフォリオ用おすすめレンタルサーバー&ドメイン

NO IMAGE

WEBデザイナーになるための勉強におすすめのブログ!

NO IMAGE

お金をかけずにWebデザイナーになる方法

NO IMAGE

Webデザイナーに求められるスキルとは