Webデザイナーの需要や将来性は?

さぁ、Webデザイナーになろう!と思っても、Webデザイナーって本当に食いっぱぐれないの?
AIが発達して、Webデザイナーがいなくても簡単にWebデザインができてしまう未来が来るんじゃない?と不安に思っていませんか?
正直、私自身Webデザイナーに転職しようと思った際にも心配でした。
今からWebデザイナーに転職しようと思っている皆さんなら尚更そう思いますよね!
さて、今回は現場を実際に現場を見てきた私が飾らずぶっちゃけてWebデザイナーの需要や将来性をお話していきます。

Webデザイナーの将来性は?

成長し続けるWeb業界でWebデザインやその他Web関連の仕事は今後もなくなることはないでしょう。さらに増えていくことが予想されます。

簡単なサイトを個人で作ることは今では珍しくなくなりました。
Wordpressの無料テンプレートは沢山出回っていて、簡単なカスタマイズでそれなりの見栄えを作ることができます。

任されている仕事だけでなく、新しいWebの技術を取り入れ、時代に合ったデザインセンスを磨き、常に自分をアップデートしていく必要があります。

それなりのデザインができるだけでは太刀打ちができなくなって来るでしょう。
また、制作単価が下がり、安価で請け負う会社も増えてきていることも事実です。
しかし、そんな中でも私は皆さんにWebデザイナーを目指してもらいたいと思っています。

Webデザイナーが今後生き延びていくには、強みを持とう!

常に最新技術をチェックし取り入れていく努力が必要となってきます。
また、ただ単にWebデザインができるだけでなく、Webマーケティングと掛け合わせて「商品が売れるランディングページを作れる」だとか「綺麗なWebデザイン」よりもさらにメリットのあるデザインができるようになると重宝されるでしょう。

どんなデザインもできるというオールラウンド力ももちろん必要ですが、そんな中でも自分の得意分野を見つけて「士業のWebデザインが得意」だとかの強みを持っておくと、フリーランスになった際も転職の際にも役立つでしょう。

Webデザイナーの求人は増え続けている

実際に求人サイトをよくチェックしていますが、Webデザイナーの求人は増え続けています。
あらゆる業界がWebサイトの重要性に気づきはじめ、スマートフォンサイトをも制作するようになっています。
今後もWebサイト制作の需要は減らないと言えるでしょう。

一方で求人を見たり、転職エージェントと話をしていると実力のあるWebデザイナーが不足していることが伺えます。
簡単にWebサイトが作れる時代にはなりましたが、本格的なWebサイトを作るのはまだまだWebデザイナーの役割。
スキルのあるWebデザイナーは今後も引っ張りだこでしょう。

しっかりとスキルを身につけていれば食いっぱぐれることはありません。
前向きに少しずつスキルアップしていきましょうね!

関連記事

NO IMAGE

Webデザイナーに資格は必要?

WEBデザイナーにおすすめの副業

NO IMAGE

自社サイトOR制作会社どちらが良いのか?

美大卒じゃなくてもWebデザイナーになる方法!

Webデザイナーとシステムエンジニア(SE)の違いとは?

Webデザイナーを取り巻くWebの職種