Webデザイナーを取り巻くWebの職種

Webデザイナーになろう!と思った際にWebデザイナーと一緒に仕事をする人たちはどんな人なのか気になりませんか?
未経験でWebデザイナーになろうと思っている人たちの中で、実際にやりたい業務内容は他職種だった・・・と思わないためにもWebデザイナーを取り巻く職種を知っておきましょう!

Webプロデューサー

Web制作プロジェクトの統括責任者として、企画立案から、納品、そして結果測定まで責任を持って統括します。
クライアントの要望を汲み取りプロジェクトを成功させるためには、制作の知識はもちろん、Webマーケティングやマネジメントなどの知識が必要となってきます。
営業職との兼務の場合もあります。

Webディレクター

デザイナーやエンジニアを指揮し、ひとりでは実現できないような大規模なWebサイトを形にしていくのがWebディレクターの仕事です。

クオリティの高いサイトを作るためには、Web制作に精通したWebディレクターが必要です。

WebデザイナーがWebディレクターを兼務する場合や、WebデザイナーからWebディレクターに転身することもよくあります。

必ずしもWebデザイナーを経験していないとなれない、という仕事ではありませんが、ある程度のWebデザイナーの知識も必要となってきます。

Webプログラマー、システムエンジニア

システム構築など、Webサイトで利用する各種サービスを実現するためのプログラム制作を行います。
プログラミング言語にはPHPやJavaなど様々な種類があり、現場によって求められる言語が異なります。
次々とWebサービスが生まれている今、Webプログラマーはニーズの高い職種です。
システムエンジニアとWebプログラマーの境目が曖昧になりつつあります。

サーバーエンジニア

Webサイトへ各種サービスを提供するサーバーのエンジニアです。Windows、Linux、UNIXなど各種サーバーのシステム構築や保守管理などを行います。

モバイルやクラウドサービスが普及し、安定したWebサービスを提供するには、優れたサーバーエンジニアが必要です。

Webマーケッター

WebサイトやWebサービス上のコンテンツを充実させたり、検索上位表示のためのSEO対策やリスディング広告、SNSを使用した宣伝等を駆使し、Webサイトにユーザーを誘導し、最終的にコンバージョンさせることが仕事内容です。

Webデザイナーを経験しておくと他のWeb系の職種に転職しやすい

Webデザイナーを経験しておくと上記の職種に転職しやすいです。
実際に働き出すと本来は他の職種の方がよかったな、想像していたのと違ったな、ということもよくあるでしょう。
事前に調べておくことも大切です。
しかし、Web業界であれば、Webデザイナーの経験を持っておくと、今後必ず生きてくるので自信を持ってスキルアップしていってくださいね!

関連記事

NO IMAGE

自社サイトOR制作会社どちらが良いのか?

NO IMAGE

Webデザイナーの仕事を辞めたい時

美大卒じゃなくてもWebデザイナーになる方法!

NO IMAGE

私がWebデザイナーを選んだ理由!

Webデザイナーとシステムエンジニア(SE)の違いとは?

WEBデザイナーにおすすめの副業