Webデザイナーからみた転職エージェントと転職サイトの有利な使い分け

初めての転職の際に転職エージェントと転職サイトとの違いがよくわかりませんでした。

特に新卒の際は転職サイトをメインで就職活動することが一般的でした。転職サイトはサイト上に求人がたくさん並んでいて、自分で検索して情報を得たりしながら自分で応募し活動していきます。

一方で転職エージェントは、アドバイザーが1人1人につき、キャリアカウンセリングを行い、スキルや希望をヒアリングしながら合う求人を紹介してくれます。
徹底的にサポートしてくれる強い味方です。

関連記事:Webデザイナー未経験者が絶対に登録すべき転職エージェント3社

転職エージェントと転職サイトの違い

求人数は転職サイトの方が多い

転職サイトの方が求人数が圧倒的に多いです。
そもそもの仕組みとして企業は転職サイトに掲載をお願いし、実際に人が就職した際に転職サイトにフィーを払う仕組みとなっています。
それは転職サイトも転職エージェントも同じです。
しかしながら、転職エージェントに払うフィーの方が高いです。
そのため、転職エージェントは転職者に対して手厚いサポート行うことができるのです。

しかし、企業によっては求人にそこまでお金をかけられない場合が多く、その場合は求人サイトにのみ掲載します。
そのため、転職エージェントよりも転職サイトの方が求人数が多いのです。

転職エージェントはアドバイスを受けられる!

転職エージェントに登録する最大のメリットはアドバイザーからアドバイスを受けられる点と言えるでしょう。
Webデザイナー転職において、難問であるポートフォリオのアドバイスを受けられる点、面接での受け答えの仕方など、アドバイザーがしっかりと面倒を見てくれます。

また、今後どうやってWebデザイナーとしてキャリアアップしていけばいいのか、悩んでいる方はぜひアドバイザーに意見を求めて見ましょう。
アドバイザーは多くの現役Webデザイナーを見てきました。
また、企業からの求められるスキルやWebデザイナー市場についても1番詳しい存在です。
うまく転職エージェントを利用することで、自身の知識にも深まり将来への道しるべとなるでしょう。

また、実際の会社環境だったり、求人票に書かれていない細かな実態はオフレコとしてアドバイザーに聞くと教えてくれます。
(入社後に給料上がっていく見込みがあるか、残業は実際のところどのくらいなのかなど)
入社後にギャップが生まれないのは転職エージェントの魅力とも言えます。

ただし、一つ水をさすとしたら、アドバイザーはあなたをクライアント先に就職させることが最大の目的です。
中には強引な方もいますので、アドバイザーの言っていることを鵜呑みにせずにきちんと冷静に会社や自分の実力と見つめ合いましょうね。
社会人で大人なみなさんならわざわざ言わなくてもいいですが、念のために!

転職エージェントは間に入ってくれるため交渉がしやすい!

転職する際に1番気になるのがお給料に関してではないでしょうか。
働く上で重要ですし、せっかく努力をして専門的なスキルを身につけたのですから、それなりのお給料が欲しいところです。

関連記事:Webデザイナーの給料・年収ってどのくらい?フリーランス・正社員・派遣の場合

しかしながら、転職サイトで見つけて面接した会社に自分で給料の交渉をするのは結構抵抗がありますしハードルも高いですよね。
どのくらいまで求めていいのかの上限もわかりませんし。
その場合、転職エージェントの場合はアドバイザーが間に入って、給料の交渉をしてくださいます。
これが結構ありがたくて、私自身転職エージェントのワークポートを利用した際に非常に助かりました。
ワークポートのアドバイザーさんは結構強気で給料交渉してくださいましたので、年収で言うと50万近く上がりました。
ワークポートは本当に手厚くサポートしてくださいましたので、みなさんもよかったら下記記事を参考にしてくださいね。

関連記事:Webデザイナー向けの転職エージェント・ワークポートのコンシェルジュが最強すぎる!

転職サイトの方がマイペースに転職できる!

実は仕事仲間に転職サイトと転職エージェントどっちが好きか?と言う話をしたことがあります。
転職エージェントはメールが頻繁に来たり、アドバイザーが熱くて求人票を山のように渡されたりする。
自分が本気で転職したい!と言うエネルギーがない状態だとあの対応はギャップがあってきつい。なんて声がありました。

確かに転職エージェントは非常にアドバイザーがマメです。
それが人によってはプレッシャーに感じる可能性は高いです。
Webデザイナーの場合はポートフォリオを見てもらうために、登録した方が絶対にいいと思いますが、自分に転職への迷いがある場合は、転職エージェントも1社だけにしておくとか、自分がアドバイザーの連絡に耐え切れる数に抑えたておいた方が無難ですね。

ちなみにネット上に「転職エージェント しつこい」などのワードをよく見かけますが、自分がそんなに連絡をまめに求めていない場合は「電話は控えてください。」「今はまだ迷っているので連絡の頻度を抑えてください。」「転職先が決まったので、こちらから連絡するまで今後連絡してこないでください。」などはっきりとしたお断りが必要です。

はっきりと断ると、もう連絡してこないので大丈夫ですよ!
どうしてもアドバイザーからの連絡が鬱陶しい!マイペースに転職したい!と言う方は転職サイト1本でもいいですね。

転職活動は情報戦!できる限りたくさんの転職サイト、転職エージェントに登録するに越したことはない!!

あれこれ書きましたが、転職活動は情報戦!できる限りたくさんの転職サイト、転職エージェントに登録するに越したことはありません。

特に会社を辞めている状態ならできる限り早めに転職サイトや転職エージェントに登録し始めましょう。
転職エージェントの場合は頑張ってスキルアップしていく状態でも応援してくださいますし、それが励みにもなります!

転職に関して、どうしても迷いがある場合はぜひ転職エージェントのアドバイザーだけでなく、私にも相談してくださいね!
少しでもお力になれましたら幸いです。

関連記事:Webデザイナー未経験者が絶対に登録すべき転職エージェント3社

関連記事

Webデザイナー 転職回数

WEBデザイナーは転職回数が多くても不利にはなりません!

採用側になってわかった!未経験Webデザイナーの面接で見られていること!

NO IMAGE

転職する時期っていつがいいの?

NO IMAGE

Webデザイナーの求人が多い転職サイト

未経験、無知識の友人がWebデザイナー正社員就職した話

Webデザイナー勉強時間

ポートフォリオ用おすすめレンタルサーバー&ドメイン