Webデザイナーがフリーランスになる前に身につけておきたいスキル

webデザイナーが持っていて欲しい基本スキル

webデザイナーとは、企業などから依頼を受け、クライアントの考えているwebサイトなどのツールの構想を汲み取り、デザインによってWebサイトという形にまとめ上げる専門職です。
近年のweb業界の拡大から、同じようにwebデザイナーの需要も高まっている、注目の職種といえます。
多くは、webスクールなどに、短期間通い、技術を習得する人が多いですが、独学でも学習できることからも、各々のペースに合わせて手に職をつけれる点も人気です。
基本的には、必要な資格などはありませんが、持っておくと、スムーズに仕事に取り組めるスキルはあります。
まず一つ目は、Illustrator、Photoshopなどのグラッフィックツールの基本的な操作はできるようにしておきましょう。
これらは、クライアントの構想を、デザインで形にしていく際に、必須のツールになりますので、操作できるのは大前提になります。
また、デザインができあがってから、それらを実際にサイトで見れるようにするためには、コーティングという過程が必要であり、そのコーティングを行うためには、HTML/CSSなどのスキルが必要になります。
また、スクリプトを制作するには、JavaScriptを使用することもあるので、活用できるようにしておいた方がいいでしょう。

フリーランスになるにあたって身につけたいスキル

それでは、フリーで活躍するために必要なスキルはどんなものがあるでしょうか。
それは、基礎技術から発展した応用技術とビジネススキルの2点です。
まず技術面では、先ほどコーディングを行う際に必要な技術として挙げた、HTMLですが、これらもバージョンアップを日々しています。
そのため、HTML5、XHTMLなどを使用する機会も増えると考えられるため、最新の技術を身につける必要があるでしょう。
最新の技術を扱えるということは、他のデザイナーとの差別化にもつながり、フリーの仕事がつながりやすいことにもなります。
また、webデザイナーとして、デザインを軸にサービスを提供するので、デザインに関する知識は日々ストックしていかなければなりません。
例えば、レイアウト、配色のみならず、その時その時の流行や、知識などがあればより魅力的なWebサイトをデザインできますし、流行の最先端情報はクライアントが最も欲しがるネタにもなります。
さらに、デザインが良いだけではなく、実際にお客様に選ばれるサイトでなければ、クライアントの満足にはつながりません。
そのため、SEOの知識や、マーケティングの知識も備えていれば、提案できる幅も広がり、知識に裏付けされた作品を提供できるでしょう。
以上のような、スキルを身につけ日々流行に敏感に反応し、知識の蓄積をしていけば、フリーランスに転職した際にも素晴らしい実績を残せることでしょう。

関連記事

NO IMAGE

フリーランスが仕事を得るためには?

NO IMAGE

フリーランスのWebデザイナーになる為に身につけておくべきスキル