webデザイナーの転職、未経験からのキャリアアップについて綴っています。

未経験からWebデザイナーに転職!現役Webデザイナーの実録です。

フリーランスになるためには

フリーランスのWebデザイナーになる為に身につけておくべきスキル

投稿日:

フリーランスでWebデザイナーになるということ

現在デザイン会社でWebデザインを行っている方、特に大手のサイトを沢山作って自信がある方こそ気をつける必要があるのがフリーランスになる前の準備です。
フリーランスになるにはどんなスキルが必要でしょうか。
腕や人脈があればと思っている方も多いかもしれませんが、そういう真っ向勝負だけでは生きていけないのが世界ではないのがフリーランスです。
具体的にどういったスキルがあれば生き残っていけるのかをお伝えしていきたいと思います。

具体的に考えることは?

まず、必要なスキルを得る学ぶ事より先に考える事があります。
どこまでをアウトソーシングし、どこを自分でするかという事です。
フリーランスになるということは自分ひとりで全て行う必要があります。
ですが真面目に全て行っていると収入は上がらず、フリーランスになる意味もありません。
Webデザイナーが陥りやすいのが名刺などのグラフィックも経費削減の為に作られる方が多くいらっしゃいます。
ですが、全ての媒体を自分で制作していたらメインのWebデザインの業務に使える仕事が減っていきます。
勿論オールマイティーに色んなデザインの仕事を引き受けるタイプならばそれも宣伝になるので有り言えます。
また、フリーランスの初年度の難関である経理全般に関する業務もどこまで自分でするのか考えておく必要があります。
向き不向きのあるお仕事なのでどう頑張っても出来ない、又は効率が悪いようでしたら最初から自分でする事は諦めましょう。
得意な人は自分でした方が良い業務でもあるのでその辺を注意深く見極めましょう。
このようにどのスキルを学ぶのかはどれを自分が行って、どれをプロに任せるのかを決めてからで無いと決められないのです。

少なくとも必要なスキル

どこまでするのかが決まっても、避けられないスキルも勿論あります。
例えば数字が苦手だから確定申告は税理士さんにお任せすると決めたとしても、最低限帳簿をつけたり請求書、領収書の発行、や管理は必要となってきます。
つまり事務仕事は当たり前で必要なスキルとなるのがわかると思います。
HTMLは書けてもExcelは全く触れないという人は少ないかもしれませんが、触れないようなら退職する前に学んでおくと良いでしょう。
そして意外と言われる事が多いのがライティングスキルです。
資料を作ったり、自分の広告用のサイトを作ったり、何をする時も自分でライティングする必要があります。
Webデザイナーは色んなサイトを作って来ているので出来ている気がしている方もいらっしゃいますが、実際ゼロから書きましょう、となるとわかりやすい文章が書けない方もいらっしゃいます。
日頃から文章に慣れ親しんで最低限のライティングスキルは身につけておきましょう。そしてマーケティングスキルです。
これは一見わかってそうで多くの人が見落とすポイントです。
マーケティング能力というのは知らないと漠然としたスキルです。
ですが実際はマーケティング会社があるくらいプロも存在している大切な仕事です。
このマーケティングスキルが欠落した状態で感覚でフリーランスで行きていくというのはギャンブルに近い事でもあります。
Webデザイナーはデザインセンスなどは日頃の業務で磨かれているでしょうから、この3つをまず押さえておくだけでフリーランスになってから慌てる事も減るでしょう。
会社を退職する前にしっかり準備をして必要なスキルを身につけて自分の腕で人生を切り開いていけます様に。

-フリーランスになるためには

Copyright© 未経験からWebデザイナーに転職!現役Webデザイナーの実録です。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.