Webデザイナーに求められるスキルとは

Web制作を行う上で必要な技術

Web制作会社では、顧客からの案件を得て、顧客の要望に合わせてWebサイトを制作していきます。
Webデザイナーの役割は、顧客から受けた案件から作成した仕様書に合わせて、Webサイトのデザインを行っていく事です。
制作会社によっては、サイトのユーザーインターフェースのデザインも手掛ける事があります。
Web制作を行う上で必要な技術としては、HTML5やCSS3、画像の加工技術があります。
これらの作業を行う際に使われるアプリケーションとしては、Webオーサリングツールや画像編集ソフトです。
デファクトスタンダードになっているソフトウェアがありますので、Webデザイナーになる為には、そのツールを十分に使いこなせるようにならなければいけません。
オーサリングツールや画像編集ソフトを使いこなせるだけでなく、サイトに使う色の組み合せに関する知識、バナーなどに使うロゴのデザイン、ユーザーインターフェースに使われる画像などのバランス感覚やセンスも問われます。
Webオーサリングツールでは、ワープロのようにサイトをデザインする機能の他に、HTMLやCSSのソースコードを作成・編集する機能、JavaScriptによるスクリプトの作成機能、エラーチェック機能などを搭載しています。
これらを駆使して、仕様書の通りにデザインを行うのがWebデザインの仕事です。

Webデザイナーになる為に習得すべきスキル

Webデザイナーになる為には、習得すべきスキルがあります。
顧客からの要望で作成された仕様書に合わせて、Webサイトやユーザーインターフェースのデザインを施す為に、カラーリングの組み合せに関するセンス、ロゴ作成のスキル、サイトレイアウトを的確に行うデザイン力といったものが主なスキルです。

Webデザイナーとして働く際の会社の選び方

Webデザイナーとして働く場合、勤務する制作会社の選び方も大切です。
制作会社によって、扱っている案件や得意とするジャンルが大きく違います。
その為、Webデザイナーとして働くのであれば、事前に制作会社がどのようなジャンルを得意としているかを調べておくと良いでしょう。
継続的に働きたい場合、安定して案件の依頼が来ている制作会社を選ぶのも有効な選択肢です。
自分のセンスやスキルを活かして働ける職場や安定して案件をこなせる職場を選ぶ事で、長くWebデザインの仕事を続けられます。

関連記事

NO IMAGE

ポートフォリオ用おすすめレンタルサーバー&ドメイン

NO IMAGE

WEBデザイナーになるには?

NO IMAGE

WEBデザイナーになるための勉強におすすめのブログ!

NO IMAGE

お金をかけずにWebデザイナーになる方法

WEBデザイナーになるために必要なもの・初期費用