WEBデザイナーになるための勉強方法とは?おすすめの参考書!





私はWEBデザイナーになるためにWEBのスクールでphotoshop,illustrator,Dreamweaver,HTML,CSSの使い方は学びました。

しかし、実際にソフトの使い方を学んだところでWEBサイトを作れるわけではありませんでした><

実際にどうデザインしていったらいいんだろう?

高いお金を出してスクールに通っても、結局デザインの仕方がわかりませんでした><

勉強の方法としては、参考書を読む、WEBデザイナーさんのブログを読むことでした。

WEBデザイナーさんのブログは別の記事で紹介します。

参考書は下記のものがおすすめです。

WEBデザインレシピの高橋のりさんの本です。ブログもさることながら、本も非常にわかりやすかったです。4章までは初心者向けかと思うのですが、それ以降は上級者向けです。1章のサイトの設計図をつくる、2章のデザインモックアップをつくる、あたりはまさにソフトは使えるようになったものの、どうやってデザインしていけばいいんだろう?という方に読んで欲しいですね。

最近本屋に行って見て回ったのですが、HTML,CSSに関してだとこれが1番わかりやすかったです。

ただ、この手の本って1冊だけだと理解しきれないのが本音><私だけかもしれませんが…。

チュートリアル式と用語がしっかり書いてある本とか、いろんなタイプの本を読んでみてやっと自分の疑問の穴が塞がるかんじがします。

本を読んでいてもググりながらやっていくしかありません。。。スクールに通っている方はその点質問できる環境があるので良いですね。

photoshop,illustrator関係の本は正直、どれも大差ないです。

なるべく最近出版されたものを購入されることをおすすめします。

何かおすすめできる本がないかと本棚を見てみたら、photoshop,illustrator関係の本が一冊もありませんでした…。

スクールと実務で身につけたんだと思います。

今さら買う気にはなれないものの、何か紹介できる本がないかと本屋巡りした中でおすすめの本を紹介します。

ご自分の使用しているバージョンをお確かめの上購入してください。

デザインに関しては下記の本は必読だと思います。

言わずもがな、有名な2冊です。私自身、WEBデザイナーさんのブログでおすすめされていて購入しました。

WEBデザイン関係の本ってとにかくたくさん読むことをおすすめします。

読んで覚えたことが自分の引き出しになります。私自身たくさん読みましたし、図書館に入り浸り読みふけました。

ただ、気をつけてもらいたいのが、必ず”WEBデザイン向け”のデザインの本であること。

グラフィックデザインやアート関係は近しいようで関係がありません。

もちろん、まったく身に付かないわけではありませんが、アートとデザインは別物です。

ただでさえ、たくさんのことをインプットしなくてはいけない状態の中、必要ない情報を入れるほど容量はないと思います。。。

要領よくやっていくためにはきちんと本を選びましょう。

 

関連記事

NO IMAGE

独学におすすめ!ドットインストール

NO IMAGE

WEBデザイナーにおすすめの副業

NO IMAGE

中堅Webデザイナーに求められる必須のスキルとは?

NO IMAGE

経験者のポートフォリオの作り方

NO IMAGE

Webデザイナーに資格は必要?

NO IMAGE

未経験で就職する際に最低限必要なスキル